鐔 無銘 加賀金工 龍虎図 / Tsuba Mumei Kagakinko

商品コード:
tsuba 1109
販売価格(税込):
500,000
関連カテゴリ:
鐔 / Tsuba
時代 : 江戸初期~中期
国 : 加賀国

証書 : 財団法人日本美術刀剣保存協会
特別保存刀装具 鑑定書


形 : 竪丸形 赤銅魚子地 高彫 金色絵 金覆輪耳
縦 : 75.5mm
横 : 72.4mm
耳 : 4.7mm

Period : Late Edo
Country : Kaga

Paper : NBTHK tokubetsu Hozon Paper

Length : 75.5mm
Width : 72.4mm
thickness : 4.7mm


加賀金工とは加賀後藤をはじめとする後藤顕乗(7代)、覚乗、程乗(9代)などの指導の下で技術を習得していった加賀の金工の総称です。
本作は表に雲龍を、裏には龍の尻尾と虎を配し、龍虎図となり、高彫りで仕上げられています。着せ金の表面が擦れて薄くなっている部分が雲や龍の鱗部分などに観られ、古作を感じさせる作品となっています。魚子は細かく精美で、耳には金覆輪が施され、華やかで迫力ある優品です。