短刀 三条吉則於泉国作 / Tanto Sanjo Yoshinori Oite Izuminokuni saku

商品コード:
tanto yoshinori 1
販売価格(税込):
950,000
関連カテゴリ:
短刀 / Tanto
時代 : 室町中期~室町末期
国 : 山城国

証書 財団法人日本美術刀剣保存協会
特別保存刀剣 鑑定書


外装 : 拵付白鞘入

刃長 : 5寸4分強
反り : 0.0cm
目釘穴 : 2個
元幅・元重 : 17.9mm・4.8mm


Period : Mid.~Late Muromachi
Country : Yamashiro

Paper : NBTHK Tokubetsu Hozon Paper
    

Fittings : Shirasaya+Koshirae

Length : 16.4cm
Curve : 0.0cm
Hole : 2
Bottom Width,Thickness : 17.9mm・4.8mm


室町期の山城鍛冶と言えば三条吉則、平安城長吉が有名です。名鑑によれば三条吉則は鎌倉期よりその存在があげられていますが、現存するものは室町初期以降で、通常経眼するものは室町中期以降とされています。作品は脇指が多く刃文は直刃、互の目乱れ、稀に皆焼を焼き、樋を好んで掻くようです。三条吉則は平安城長吉一派とされており、のち和泉、越前でも作刀されました。
本作は表に梵字、裏に腰樋の彫物があり「三条吉則於泉国作」と銘があることより、山城から和泉へ移った際の作品となります。平造り、丸棟、互の目乱れに帽子の返り深く先は皆焼風となり、5寸4分と小ぶりながら、その存在感が際立った出来で、なかなか貴重な在銘の短刀です。外装は黒蝋色塗に五三の桐一紋蒔絵のシンプルなものですが時代のある良い拵です。