短刀 兼定作 / Tanto Kanesada saku

商品コード:
tanto kanesada 1
販売価格(税込):
0 円 (価格はお問合せ下さい / Please contatc us)
関連カテゴリ:
短刀 / Tanto
売却済 / Sold
時代 : 室町末期
国 : 美濃国

証書 : 財団法人日本美術刀剣保存協会
保存刀剣 鑑定書

外装 : 拵付白鞘入

刃長 : 9寸9分弱
反り : 1分
目釘穴 : 3個
元幅・元重 : 26.1mm・4.9mm

Period : Late Muromachi
Country : Mino

Paper : NBTHK Hozon Paper

Fittings : Koshirae+Shirasaya

Length : 29.8cm
Curve : 0.3cm
Hole : 3
Bottom Width,Thickness : 26.1mm・4.9mm


室町時代、美濃では兼元(孫六)、兼定(ノサダ)を筆頭として数多くの刀工が活躍しました。兼定は二代和泉守兼定(ノサダ)が最も著名な刀工ですが、兼定と銘する刀工が他にも多数いたようです。
本作もその一人と思われます。平造り、庵棟、表裏棒樋、地鉄は板目に小板目流れごころあり、地沸つき、中ほどから帽子にかけて映りが観られます。刃文は匂口閉まったのたれに小互の目で、帽子はやや突き上げて深めに返り、表裏刃文が揃った出来です。附帯の外装には一部螺鈿が施されており、金具は真鍮地で纏められた華やかさのある拵です。