脇差 兼常 / Wakizashi Kanetsune

商品コード:
wakizashi kanetsune 1
販売価格(税込):
550,000
関連カテゴリ:
脇指 / Wakizashi
時代 : 室町末期
国 : 美濃国

証書 : 財団法人日本美術刀剣保存協会
保存刀剣 鑑定書

外装 : 拵付白鞘入

刃長 : 1尺3寸0分
反り : 3分
目釘穴 : 2個
元幅・元重 : 31.7mm・6.4mm

Period : Late Muromachi
Country : Mino

Paper : NBTHK Hozon Paper

Fittings : Koshirae+Shirasaya

Length : 39.4cm
Curve : 0.9cm
Hole : 2
Bottom Width,Thickness : 31.7mm・6.4mm

兼常は室町期に数代あり、美濃鍛冶で有名な兼元(孫六)や兼定(ノサダ)に次ぐ末関の良工といわれ、業物でもあります。
本作は1尺3寸の脇指ながら平造り、庵棟、身幅に比して寸長く、先反りついた室町末期の体配です。地鉄は板目に小板目、地沸つき、総体的に流れ、映りは指表に地斑交じり、裏は段映り状となっています。刃文はわずかに沸勝ちに互の目を主体とした尖り刃、片落互の目、丁子、やはず風の刃など多様な刃を交え、帽子は突き上げて深く返る出来で、身幅もありなかなか迫力のある一振りです。