刀子 隅谷正峰 / Tosu Sumitani Masamine

商品コード:
tosu sumitani masamine 1
販売価格(税込):
0 円 (価格はお問合せ下さい / Please contatc us)
関連カテゴリ:
売却済 / Sold
時代 : 昭和
国 : 石川県

拵付白鞘入
紺牙撥鏤(ばちる)鞘白牙把(つか)
共箱あり、自筆箱書あり

棟区より刃先まで : 8.25 cm
茎 : 4.0 cm
紺牙撥鏤(ばちる)鞘 : 13.6 cm
白牙把(つか) : 9.3 cm

Period : Showa 20c
Country : Ishikawa pre.

Koshirse + Shirasaya

Saya and Tsuka are made of ivory.
Saya is dyed by BACHIRU method, and a bird and a flower are performed hairline engraving of afterwards.
This Tosu is with a box and there is the signature of the author.

Length from Munemachi to Hasaki : 8.25 cm (3.24inches)
Nakago Length : 4.0 cm (1.57inches)
Kon ge Bachiru Saya Length : 13.6 cm (5.35inches)
Shira ge Tsuka Length : 9.3 cm (3.66inches)


刀子とは奈良時代から平安時代初期にかけて、皇居に参内する人々が常に前帯に懸けていた小刀で、実用としても用いられたようですが、門の通行を許す許可証(門鑑)として使用されたようです。奈良の正倉院には光明皇后の母である橘三千代夫人が帯用したと伝えられる刀子が所蔵されています。刀子の外装は当時非常な貴重品である外来の犀角、水牛角、象牙、黒檀、紫檀、沈香、瑠璃などが使用、製作され、また国内産の真珠、梅木、棗、黒柿なども使用し製作されました。
本作は人間国宝 隅谷正峰刀匠製作の刀子です。隅谷刀匠は平成10年までご存命でしたが、附属の略歴から、こちらの刀子は昭和60年代の作と思われます。この外装には象牙が用いられており、鞘は撥鏤(ばちる)と言われる工法で染色され、さらに鳥や花図を毛彫りされたとても手の込んだ作です。この刀子は小型ながら白鞘入りで、共箱もあり、正峰氏自筆の箱書があります。金具は金無垢と思われます。刀剣女子にぜひお勧めしたい一品です。