脇差 和泉守兼重 / Wakizashi Izumi no kami Kaneshige

商品コード:
wakizashi kaneshige 1
販売価格(税込):
2,000,000
関連カテゴリ:
脇指 / Wakizashi
時代 : 江戸初期 / Early Edo
国 : 武蔵国

証書 : 財団法人日本美術刀剣保存協会
特別保存刀剣 鑑定書

外装 : 白鞘入

刃長 : 1尺8寸5分弱
反り : 4分
目釘穴 : 1個
元幅・元重 : 36.4mm(棟を含)・8.8mm

Period : Early Edo
Country : Musashi

Paper : NBTHK Tokubetsu Hozon Paper

Fittings : Shirasaya

Length : 56.0cm
Curve : 1.2cm
Hole : 1
Bottom Width,Thickness : 36.4mm(including Mune)・8.8mm

和泉守兼重は康継、繁慶についであらわれた江戸鍛冶で、従来は上総介と同人説でしたが、現在は別人とされています。彼の作刀の多くは鎬造りの刀、脇指で、短刀は殆どみられません。
本作は平造り、庵棟、身幅広く、重ね厚く、豪壮な体配です。地鉄は小板目つんで、地沸つき、やや地景交じり、棟よりに肌流れ、刃文は匂口深く、小沸よくついたのたれです。帽子は直ぐに小丸に返り、わずかに棟焼があります。出来すばらしく、兼重としては希な1尺8寸5分弱の平造の脇指はなかなか見ごたえがあります。