刀 伯耆守藤原信高 前伯州信高入道 / Katana hoki no kami Fujiwara Nobutaka zen Hakusyu Nobutaka nyudo

商品コード:
katana nobutaka 1
販売価格(税込):
1,850,000
関連カテゴリ:
刀 太刀 / Katana Tachi
時代 : 江戸中期
国 : 尾張国

証書 財団法人日本美術刀剣保存協会
特別保存刀剣 鑑定書

外装 : 白鞘入

刃長 : 2尺3寸3分
反り : 5分6厘
目釘穴 : 2個
元幅・元重 : 30.8mm・7.0mm
先幅・先重 : 22.5mm・5.1mm


Period : Mid. Edo
Country : Owari

Paper : NBTHK Tokubetsu Hozon Paper

Fittings : Shirasaya

Length : 70.7cm(27.8inches)
Curve : 1.7cm(0.67inches)
Hole : 2
Bottom Width,Thickness : 30.8mm(1.21inches)・
7.0mm(0.27inches)
Top Width,Thickness : 22.5mm(0.88inches)・5.1mm(0.20inches)


伯耆守信高は相模守政常や飛騨守氏房と共に「尾張三作」と称される名工です。伯耆守信高は初代から五代の幕末まで続きますが、寛文から延宝年間は刀剣の需要が多く、歴代信高の中では、二代・三代合作刀がもっとも出来が優れているといわれています。
本作は正に出来優れた信高二代・三代の合作刀で、各自銘です。鎬造、庵棟、重ねやや厚く、中切先伸びごころで、地鉄は小板目に地沸付き、刃文は沸勝ちの互の目乱れを主体とし、丸い互の目の山を2つ、3つと焼き、その山の中に、小丁子や矢筈風の細かな焼きが入り、変化に富んでいます。所々に足、葉入り、沸強きところは砂流かかり、帽子は直ぐに丸く返る出来です。尾張刀をお探しの方にお勧めの一振りです。