新着商品

短刀 冬廣作 / Tanto Fuyuhiro saku

商品コード:
tanto fuyuhiro 1
販売価格(税込):
430,000
関連カテゴリ:
短刀 / Tanto
時代 : 室町中期~末期
国 : 若狭国

証書 : 財団法人日本美術刀剣保存協会
保存刀剣 鑑定書

外装 : 白鞘入

刃長 : 7寸2分半
反り : -
目釘穴 : 2個
元幅・元重 : 20.3mm・6.2mm


Period : Mid~Late Muromachi
Country : Wakasa

Paper : NBTHK Hozon Paper

Fittings : Shirasaya

Length : 22.0cm
Curve : 0.0cm
Hole : 2
Bottom Width,Thickness : 20.3mm・6.2mm


初代若州冬廣は相州廣次の子で、室町中期に相州より若州小浜に移住したとされています。その後も代々同銘が続きますが、雲州(出雲)、芸州(安芸)、因州(因幡)にも移住作刀し、江戸末期まで繁栄した刀工です。
本作は室町期、天文頃の作ではないかと思われ、平造り、重ね厚い造り込みで、直ぐ調に小沸よく付き、地鉄は所謂綾杉肌で、一見すると月山ではないかと思わせる出来ですが、地鉄黒ずみ、しらけ風の写りがあり、北国系に共通する特徴が見られます。当時月山との何かしらの交流があったのではないかと推察されます。