新着商品

脇指 源正雄 安政五年八月日於 箱館山麓以砂鉄造 / Wakizashi Minamoto Masao A.D.1858

商品コード:
wakizashi masao 1
販売価格(税込):
0 円 (価格はお問合せ下さい / Please contatc us)
関連カテゴリ:
売却済 Sold
時代 : 江戸末期
国 : 武蔵国

証書 : 財団法人日本美術刀剣保存協会
特別保存刀剣 鑑定書

外装 : 白鞘入

刃長 : 1尺3寸強
目釘穴 : 1個
元幅 : 35.0mm
元重 : 7.1mm


Period : Late Edo
Country : Musashi

Paper : NBTHK Tokubetsu Hozon Paper

Fittings : KShirasaya

Length : 40.0cm
Hole : 1
Bottom Width : 35.0mm
Bottom Thinkness : 7.1mm


源正雄は清麿の高弟として名高く、江戸下谷御徒町で鍛刀したと伝えられています。正雄の年紀作は、嘉永六年(1853年)から慶応二年(1866年)までの十余年しかみられず、おそらくは鍛冶人生の大半を清麿の下で鍛刀したと思われ、現存する作刀も比較的少なく、中でも、安政五年(1858年)から万延元年(1860年)までの3年間はいわゆる、「函館打」と称されたもので、函館開港に伴い設置された箱館奉行堀織部正が正雄を招へいし、刀作りが行われたと伝えられています。
本作はまさにこの函館打にあたり、安政五年の作です。平造り、三ツ棟、表に雨竜、裏に梵字に素剣の彫物があり、刃文は互、小互の目連れて足よく入り、金筋砂流し長く入り、刃縁よく働き、湯走り、飛焼状に地にかかる所有り、地鉄は小板目に地沸細かく付き、地景よく交る出来で、清麿に迫る逸品です。