刀 河内守源永国 / Katana Kawachi no kami Minamoto Nagakuni

商品コード:
katana nagakuni 1
販売価格(税込):
0 円 (価格はお問合せ下さい / Please contatc us)
関連カテゴリ:
刀 太刀 / Katana Tachi
売却済 Sold
時代 : 江戸中期
国 : 肥後国

証書 : 財団法人日本美術刀剣保存協会
保存刀剣 鑑定書

外装 : 拵付白鞘入

刃長 : 2尺6寸8分弱
反り : 4分0厘
目釘穴 : 1個
元幅・元重 : 29.1mm・6.0mm
先幅・先重 : 15.5mm・4.0mm


Period : Mid Edo
Country : Higo

Paper : NBTHK Hozon Paper
   
Fittings : Koshirae + Shirasaya

Length : 81.2cm
Curve : 1.2cm
Hole : 1
Bottom Width,Thickness : 29.1mm・6.0mm
Top Width,Thickness : 15.5mm・4.0mm

河内守源永国は城寺国正の弟子。宮本武蔵と交流があった刀工で、武蔵自身も愛刀にしていたといわれており、武蔵の弟子で二点一流の後継者である村上正雄とも交流があり、正雄が推奨する刀工として有名です。永国は武蔵の門弟となり共に肥後に移り、その後肥後熊本藩細川家に召し抱えられ三十人扶持を賜り、城下の高田原楠町に代々藩鍛冶として作刀したそうです。
本作は2尺6寸8分弱と長寸であり、匂勝に直刃にわずかに小互い目、ほつれを交え、物打ちに砂流しかかり、横手下より焼巾を広め、帽子は小丸に綺麗に返っています。地鉄は小板目つみ精良な肌でわずかに映り気を感じます。外装も肥後拵で、素銅の素朴な金具ながら、鐔は海鼠透かしの武蔵鐔が附帯しております。いかにも当時の武蔵一門が佩刀したのではないかと思わせる一振りです。