刀 近江大掾藤原忠廣 / Katana Omidaijyo Fujiwara Tadahiro

商品コード:
katana tadahiro 2
販売価格(税込):
0 円 (価格はお問合せ下さい / Please contatc us)
関連カテゴリ:
刀 太刀 / Katana Tachi
売却済 / Sold
時代 : 江戸初期
国 : 肥前国

証書 : 財団法人日本美術刀剣保存協会
特別保存刀剣 鑑定書

外装 : 拵付白鞘入

刃長 : 2尺3寸2分
反り : 2分6厘
目釘穴 : 1個
元幅・元重 : 32.4mm・6.3mm
先幅・先重 : 20.8mm・3.9mm


Period : Early Edo
Country : Hizen

Paper : NBTHK Tokubetsu Hozon Paper

Fittings : Koshirae+Shirasaya

Length : 70.3cm
Curve : 0.8cm
Hole : 1
Bottom Width,Thickness : 32.4mm・6.3mm
Top Width,Thickness : 20.8mm・3.9mm


近江大掾忠廣は初代忠吉の子で、寛永9年(1632)に19歳で家督を相続し、寛永18年(1641)に近江大掾を受領しました。以降元禄6年(1693)に至るまで鍋島家の注文に応えて数々の名品を残しました。作刀歴は六十余年に及び、肥前刀工中で最も多くの作品を残しています。銘は刀ではほとんどが太刀銘ですが、脇差では刀銘に切るのが一般的です。
本作は小板目肌詰み、地沸厚くつき所謂米糠肌となり、細かな地景入る。刃文は直調に匂い口太く小沸出来で小足、葉所々細かく入り、帽子はフクラに沿って小丸に返り焼き下げる出来で、地刃共に冴え冴えとしています。拵も非常に上品にまとまっており、数ある近江大掾の特別保存クラスでも優品です。