太刀 無銘 伝成高 / Tachi Den Naritaka

商品コード:
tachi mumei den naritaka1
販売価格(税込):
0 円 (価格はお問合せ下さい / Please contatc us)
関連カテゴリ:
刀 太刀 / Katana Tachi
売却済 / Sold
時代 : 鎌倉初期
国 : 備前国

証書 財団法人日本美術刀剣保存協会
重要刀剣 指定書

外装 : 白鞘入

刃長 : 2尺4寸強
反り : 7分9厘
目釘穴 : 2個
元幅・元重 : 31.7mm(棟を含)・6.5mm
先幅・先重 : 17.2mm(棟を含)・3.0mm


Period : Early Kamakura
Country : Bizen

Paper : NBTHK Juyo Paper

Fittings : Shirasaya

Length : 72.9cm(28.7inches)
Curve : 2.4cm
Hole : 2
Bottom Width,Thickness : 31.7mm(including Mune)・6.5mm
Top Width,Thickness : 17.2mm(including Mune)・3.0mm


成高は鎌倉初期の古備前の刀工で、現存する有銘の作では重要2点、特重1点、重美2点、重文2点があり、無銘の作は本作1点のみです。鎌倉幕府を開いた源頼朝は功績のあった御家人に成高の太刀を与えたと言われており、屋島の戦で平氏方の軍船の的を射落としたことで有名な那須与一もその功績が認められて、頼朝から成高を与えられたとされています。この那須与一佩刀の成高は現在重文に指定され、当初の拵と共に栃木県大田原市那須与一伝承館に所蔵されています。
本作は鎬造、庵棟、腰反付き、先わずかにうつむきごころで、元来、元先の幅差ややつき、鎌倉初期でも中期に近い体配で、重ね厚く、茎はほぼ生です。地鉄は板目に大板目交じり、やや肌立ち、肌目鎬地にかかり、総体的に沸映り立ち、ものうちに地斑交じる出来です。沸本位の小模様な小互の目、小丁子を焼き、ところどころ二重刃かかり、金筋交じり、腰元ややうるみかかって、掃き表 島刃状に湯走り、飛び焼き入る刃文です。帽子はやや判然としないところありますが、直ぐに小丸に返っています。物うちの研ぎべりは少々疲れを感じますが、腰元の力強さは健全であり、いかにも古調な刃が入った優品です。

大刀剣市2021Webカタログ掲載品。
お値段はお問合せください。
ネット購入の際は事前にご連絡下さい。

太刀 無銘 伝成高 / Tachi Den Naritaka