新着商品

刀 粟田口近江守忠綱 延宝二年二月日 / Katana Awataguchi Ominokami Tadatsuna A.D.1674

商品コード:
katana tadatsuna 1
販売価格(税込):
0 円 (価格はお問合せ下さい / Please contatc us)
関連カテゴリ:
売却済 Sold
時代 : 江戸中期
国 : 摂津国

証書 : 財団法人日本美術刀剣保存協会
特別保存刀剣 鑑定書

外装 : 白鞘入

刃長 : 2尺3寸7分弱
反り : 4分6厘
目釘穴 : 1個
元幅・元重 : 31.3mm・7.0mm
先幅・先重 : 21.8mm・5.2mm


Period : Mid Edo
Country : Settsu

Paper : NBTHK Tokubetsu Hozon Paper

Fittings : Shirasaya

Length : 71.6cm
Curve : 1.4cm
Hole : 1
Bottom Width,Thickness : 31.3mm・7.0mm
Top Width,Thickness : 21.8mm・5.2mm

粟田口近江守忠綱は初代近江守忠綱の子で、父と同じく近江守を受領し一竿子と号しました。彼の作風はその初期においては初代同様に焼頭のよく揃った足の長い丁子乱れが多く、後には互の目乱れや直刃、濤瀾刃もあり巧みです。また装飾性の強い濃厚な刀身彫刻も有名です。
本作は延宝2年(1674)の作で、直ぐに焼出して、その上は足長の丁子乱れに匂口明るく、小沸付き砂流かかる刃文に、小板目肌よくつみ、地沸つく鍛で、典型的な一竿子の初期作の優品です。